文化・芸術

2012年7月 4日 (水)

大山崎山荘美術館

先日の日曜日、小雨の中「大山崎山荘美術館」に行って来ました。

恥ずかしながら美術品の知識は皆目ありませんが安藤忠雄氏設計の別館「地中の宝石箱」、さらに5月に完成した「夢の箱」を観に行こうというのが動機です。

天気が良ければバイクで走りたかったのですがあいにくの空模様、現地には駐車場も無いとの事なのでのんびりと電車で行く事に。

慣れない鉄道利用、右往左往しながらなんとかJR山崎駅に到着。
駅前の看板を確認して緑豊かな坂道を登り美術館へ。

美術館といっても外観は近代建築のそれとは違い旧い洋館。木製のドアを開けて中へ。
受付で入館料を支払い、あとは自由に見学・散策。決まった順路ありません。
展示されている美術品や工芸品もさることながら丁寧に手入れされた庭園や建物すべてがこの美術館の見どころ。
歴史のある英国風山荘である本館と超近代的なふたつの別館。
一見アンバランスに感じるのですが間にある緑豊かな庭園が異なる空間を見事に調和させていました。


しっとりと落ち着いた空間にしばし身をおいて、久しぶりの休日をリラックスして楽しむことができました。
また違った季節にも訪ねてみたいと思います。

Img_1746

Img_1719

Img_1725


Img_1739


Img_1735


Img_1737


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

関西文化の日

http://www.kansaibunka.com/

11月の19日(土)・20日(日)は第9回「関西文化の日」
関西圏の2府8県の美術館や博物館、約450施設が入館無料との事。
実施日は11月1日~11月30日の間で施設によって異なるようです。

パンフレットはこちら

非日常の空間に身をおいて、
心静かに豊かな芸術や文化に触れ、
疲れた心を癒すのもいいかも。。。

Poster_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

司馬遼太郎記念館

国民の祝日こどもの日、相変わらず事務所でデスクワーク。

朝から連休前にご依頼をいただいた分譲住宅のプランニング。昼過ぎには二件分のスケッチを描き上げた。

気分転換に外へ出てみると快晴、汗ばむほどの陽気。

「これは出かけねばなるまい!」

昼食は後回し。初夏の空気を感じながらスクーターを走らせる。

最近庭の拡張工事を終えた『司馬遼太郎記念館』へ行ってみた。

氏の自邸に隣接した記念館、雑木林の庭を入ると右手に実際に使用されていた書斎、正面にガラスとコンクリートの近代的な建物が現れる。

05_15_47_13

庭を一望できるガラスのエントランスを通り受付ロビー。

地下の展示室は巨大な書架、膨大な資料や書籍が圧巻。

05_15_47_32

ゆったりした時間の流れを感じながら展示品などを見学。

05_18_33_04_2

館内のカフェでサンドウィッチとコーヒーで一休み。

このコーヒーが本当に美味しかった。

Img_1028

事務所に戻って遅いランチ、空腹を満たしてまったりと・・・

しばらくすると缶ビールを片手に大工さんが遊びにやってきた。

( ̄ー ̄)ニヤリ 「飲りますか♪」

Img_1033

仕事の話はそこそこに、ほろ酔いでバイク談義に花が咲くnotes

ご馳走様になり、ありがとうございました(´∀`)ノ

今日はいいリフレッシュができました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

USTREAMとtwitter

本日「リノベーションシンポジウム@大阪」が行われた。

参加者は蒼々たる面々。

何でもtwitterのつぶやきから盛り上がっての企画らしい。

内容もさることながらUSTとtwitterを利用した中継に驚いた。

現場に行けなくてもオフィスのPCでリアルタイムに視聴できる。

ソフトバンクの孫正義社長もUSTを5月までに日本語化させると明言していることもあり、これらを利用した情報発信がさらに加速するだろう。

時代は動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

アヒルプロジェクト

水都大阪2009で登場したあのアヒル

『OSAKA光のルネサンス2009』で再登場(゚▽゚*)

Duckhb10

12月12日から25日まで。

前回見逃した方、是非happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

近つ飛鳥博物館

ビルダーさんの紹介で新たにご相談頂いた個人住宅。

プランニングにあたり現地の実地調査、下見のため羽曳野市までスクーターを走らせた。片道約25km、時間にしておよそ40分で現着。

現場は第一種低層住居専用地域の閑静な住宅街。現場および周辺状況をデジタルカメラに収める。

今日の天気は快晴、空を見上げても雲一つない。

「確か安藤建築の博物館、ここから近いよな・・・行ってみるか。」

と、晴天にいざなわれ、予定外の行動。

(近いと行っても10kmほど距離があり20分ほどかかりましたが・・・・・)

で、行ってきました「近つ飛鳥博物館」

建物は安藤忠雄の設計により1994年に建築された。

階段状の屋上の頂部にRC打ちっ放しの「黄泉の塔」がそびえ、内部の展示室は前方後円墳をかたどっている。

常設展示の他に秋期企画展「河内平野の集落と古墳」が行われていた。

モダンな安藤建築に触れ、古代のロマンに思いを馳せる。

感性に心地よい刺激をうけ・・・プランニング頑張りましょうhappy01

Sany0016

Sany0026

Sany0011 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

アヒル

本日43条許可申請書の提出に大阪府庁へ行った際、水都大阪2009のでかいアヒルの事を思い出した。

場所を把握していたわけではないがこの近くであることは間違いない。

とりあえず土佐堀通りを西へ、北浜から天神橋へ回ってみると水面に浮かぶ黄色い物体を発見。

「いたっ!」

A

しかしここからは少し遠く、後ろ向き、やっぱり前が見たい(笑)

土佐堀通りを東へ戻り天満橋にでると正面が見える。

「でかっ!」

ビル群の間を流れる川面に浮かぶ巨大なアヒル。

このミスマッチな光景は何か微笑ましくもある。

B

バイクを止めてさらに近づいていくと沢山の人が携帯やカメラで撮影している。

これはデカイわ(笑)

C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

水都大阪2009

あはははっ

これは和む。

P_20090904154120_a

27日まであるそうです、観にいこhappy01

Ruber Duck Project 2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

500色の色えんぴつ

先日事務所にDMが届いた。

「500色の色鉛筆」

1ヶ月に25色、20ヶ月かけて届くのだそうだ。

おもしろいのが各色に個性的なネーミングがされている。

「クレオパトラの真珠」「インカの太陽」「人魚のまとうローブ」等々。

1ヶ月あたり1,800円、全色揃えると36,000円也。

これが二人以上で申し込むと1,000円/月で20,000円になるらしい。

0709_2 

魅せるインテリアのような個性的なラックも用意されている。

なかなかイマジネーションと物欲をかき立てる。。。

ちょっと欲しいcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

Casa Batllo

今日も事務所でデスクワーク。

一段落したところで洋書を手に取る。

「Casa Batllo」 ガウディの名作「バトリョ邸」である。

以前、手がけさせていただいた住宅のクライアントがスペインに出張で出かけられた際、お土産に買ってきてくださった。(その節はありがとうございました)

内容は写真中心の解説書。

美しい写真で現されたディティールはその有機的な形、表現に圧倒される。

文章は全てスペイン語なので読めないが(笑)

一枚一枚の写真に目を奪われる。

現地で見てみたい(゚▽゚*)

090201

| | コメント (0) | トラックバック (0)